ブログトップ

飛行機三昧

akihito114.exblog.jp

飛行機の写真を中心に掲載.Absorption in Airplane.

セントマーチン計画実行後(2)~セントマーチン島到着~

長い間更新が遅れてすみません!
帰国後中二日で一週間の出張に出ていたので,
全く更新ができませんでした.

さぁ今回はいよいよセントマーチン島到着ですよ!

マイアミでのトランジットは一晩空港で滞在(一睡もできません)でした.

MIA - SXMの飛行機の中では疲れとこれで到着するという安心で暴睡していました.
起きたら空港まで後1時間ぐらいというところでしたが,
私の前のテーブルに「入国カード」が置いてありました.

簡単な英語なので,
適当に書き込んで,
SXMでの入国審査のときに提示します.

その後バゲッジのピックアップ.
荷物が出てくるかかなりドキドキしていましたが,
出てきたときの安心といったらなかったですね.



e0276279_18233575.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm f/4L IS USM
e0276279_18275548.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm f/4L IS USM

とりあえずホテルに直行.
15時頃にホテルに到着.
この後に早速ビーチに出て行きました.

e0276279_18365589.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm f/4L IS USM

有名な看板ですね!
テンションMAXです(笑)

日没も近くなってきていて,
かなり疲れていたので,
ちょっとだけ撮影.

無線を聞いていると,
insel air(インセル エア)のMD-83がタキシングしてきました.

e0276279_18432768.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm f/4L IS USM

伊丹ベースの私にとっては久しぶりのMDで興奮気味.
ここでちょっと解説.

e0276279_199556.png


滑走路10使用のときはこの写真の左側から滑走路に進入して離陸しますが,
一番左の取付誘導路は滑走路の左端より若干手前についています.
ちょっとでも滑走路を長く使用したい飛行機は,
滑走路に進入したあと,
さらに左に移動し,
滑走路内でターンして離陸体制に入ります.

このとき事件は起こりました.

さぁどんどんinsel airが近づいてきます.

e0276279_19212159.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm f/4L IS USM

e0276279_19271587.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm f/4L IS USM

さぁターンが始まります.

e0276279_1930756.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm f/4L IS USM

ぐるぅ~~~.

e0276279_1934041.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm f/4L IS USM

と,ここで・・・
ターンの途中で,
管制官から「Cleared for take off !!」
離陸承認!!その瞬間にinsel air がエンジンを,

「ブゥオンッ!ブゥオンッ!キィィーーーン!」

飛ぶ気満々のinsel air のエンジンブラストで,
ガードレールの上から撮影していた私はガードレールから落ちてしまいました(笑)
私のサングラスはどこへ行ったのでしょうか?
道路の向こうの方ぉ~にありました!

MDのエンジンはうるさいだけあって,
かなりのパワーですねっ!
飛行機のお尻に注意!!

初めてのセントマーチン手痛い仕打ちを受けて初日を終了しましたとさ.

次の日は747ですよぉ~!(笑)
by akihito114hp | 2012-08-25 19:55 | セントマーチン計画 | Comments(2)
Commented by kajiki_2 at 2012-08-26 06:58
こんにちは。

サングラスが吹っ飛ぶほどの衝撃!!
迫力ありますね^^

カメラは無事でしたか?(笑)

旅行記と写真、楽しみに拝見しています。
バシバシUP、 お願いしますね~
Commented by akihito114hp at 2012-08-26 16:46
>kajiki 2さん
実はフランス人(?)と思しき人がサングラスを見つけてくれました!
伊丹の千里川でもスタンディングスタートのときのMDの風はきましたが,
SXMは圧倒的な近さなので,
とんでもない風圧でした.

知らず知らずのうちに体がカメラを死守する体勢で落下していました!

期待に副える写真かどうか分かりませんが,
是非見に来てください!